チャイルドシート新生児

チャイルドシート新生児

チャイルドシート新生児

このページは「金属の種別で判断するケース 」の情報コンテンツです。
チャイルドシート新生児 > 金属の種別で判断するケース

豆知識

金属の種別で判断するケース

金属の探知ということで気になるのが自動販売機や券売機などの機械。これらは投入した硬貨をちゃんと判別してくれますが、一体どのようにして判断しているのでしょうか?

自動販売機のお金の探知

一昔前の自動販売機の硬貨の判別方法は大きさと重量だったそうです。硬貨はそれぞれ大きさが違っている為、まずはサイズで金額の振り分けが可能となります。もちろん、この時にどのサイズにも合わない硬貨は「ニセモノ」として除外されるわけです。悪意を持ってニセモノの硬貨を使った場合は本来摘発すべきですが、例えば経年によって硬貨が削れてサイズが少し小さくなってしまっている場合など、故意ではないこともありえるため、多くの場合は使えない硬貨としてそのままつり銭口に排出するようになっていますね。

また、硬貨はそれぞれ使われている金属が違うため重さがそれぞれ違っています。大きさと重さ、この二つがあれば硬貨判別はほぼ可能というわけですね、ただし!実は以前、海外の硬貨を少し削って大きさを合わせれば500円硬貨として使うことができる、という偽造硬貨が使われたことがありました。現在では500円硬貨は新しくなって使われている金属が違ったり、人対人で金銭のやり取りをする際に見た目でニセモノか本物か見分けることのできる工夫をたくさん施しましたね。

お金の探知を厳格にするワケ

さて、硬貨もそうですが紙幣にかんして、自動販売機だとなかなかお札が入らない・・という経験をしたことがありませんか?その紙幣はそのまま例えば駅の券売機などで使ってみると普通に使えたり・・とか。実はこれにはちゃんとした理由があります。

駅の券売機は、もしお金が詰まったりしておかしくなっても駅員さんがすぐに駆けつけて解決することが可能です。しかし、自動販売機のように無人の場所に設置して使われるものの場合はお金が詰まったりしてもすぐに誰かが駆けつけるというのが難しいですよね。そのため、自動販売機はかなり厳格に紙幣の状態を見なければならず、ちょっと紙幣が折れているだけでも認識されないのです。それは、真贋を見極めるためだけではなく、用途に応じた理由があったのですね。 ちなみにこういったお札計算機もそういった仕組みで計測しているのでしょうね。お札や硬貨の計算はこういった計測器を用いると確実数えることができますので、 店舗運営に役立ちます。

チャイルドシート新生児 激安通販
ExecutionTime: 63 msec / Memory: 7.6 MB