チャイルドシート新生児

チャイルドシート新生児

チャイルドシート新生児

このページは「目標物を探知する追尾ミサイルとは 」の情報コンテンツです。
チャイルドシート新生児 > 目標物を探知する追尾ミサイルとは

豆知識

目標物を探知する追尾ミサイルとは

戦争時代を描いた映画や、空軍などが舞台の映画でみることがある自動追尾式のミサイル。目標物を探知して追いかけ続けるのですが、一体どのような仕組みになっているのでしょうか?

赤外線やレーダーで追尾

航空機などが搭載している追尾型ミサイルにはいくつかの種類があります。例えば、目標を補足した際に目標kら発せられる赤外線をとらえてミサイルを誘導します。ミサイル自身がその目標の赤外線に向かって誘導されるため、発射後は自動的にミサイルが追尾するようなかたちとなります。

また、レーザーレーダーを使ったタイプですと、母艦から放射状に発せられたビームとそのビームを目標が受けて反射してくる場所によって目標を特定して追尾する形となります。こちらの場合は、母艦が発するビームの中に目標物がいる限りは補足が可能で、ビームが当てられた目標物からの反射も放射状になっている為、ミサイルが近づけば近づくほどより目標の補足が確実なものとなっていきます。

それぞれの弱点

チャフやフレアという言葉は聞いたことがありますでしょうか?最近では戦闘もののゲームや漫画で聞いたことがある若い方も増えているようですが、これらを使うことで追尾型ミサイルによっては目標である自機に到達前に飛び先を変えてしまうことができます。

赤外線を使ったタイプのミサイルの場合はフレアと呼ばれる欺瞞装置を使います。これは自機以外の場所に赤外線を発するものを置くことでミサイルをそちらに誘導し、その間に時期は別の方向へ逃げるためのもの。フレアは燃えながらゆっくりと落下していくため、ミサイルがそちらを目標を誤認した場合にはフレアを追いかけて場合によっては地面にミサイルを落下させることができるのですね。もちろん、フレア放出は1つ2つではなく、多数のフレアを放出して1つでも多くの追尾ミサイルを振り切る必要があります。

また、チャフの場合はアルミ箔を散布するもので、このアルミ箔はレーダーのレーザーを反射させるものです。つまり、目標である自機に対して照射されていたレーザーをちゃくふによって乱反射させてミサイルに目標を見失わせるのですね。チャフの場合重要になるのは、中身の長さ。レーターのレーザーの波長に合わせた長さになっていなければ誤認しないため、戦闘機によってはレーザーの波長ごとにフィルムを切断して発射させる装置を搭載しているタイプもあるようです。

チャイルドシート新生児 激安通販
ExecutionTime: 146 msec / Memory: 7.6 MB