チャイルドシート新生児

チャイルドシート新生児

チャイルドシート新生児

このページは「病院で使われる検査機械とは 」の情報コンテンツです。
チャイルドシート新生児 > 病院で使われる検査機械とは

豆知識

病院で使われる検査機械

金属探知機は磁場をつかって隠された金属を見つけ出したり、特定の場所へ金属類の持ち込みや逆に特定の場所からの持ち出しを防ぐために使われます。こういった磁石・磁力の力を使った医療器具・検査器具はご存知でしょうか?

身体を断面図でみるMRI

病院の精密検査などでMRIを受けたことがありすか?よく見る形ではトンネル型になっているタイプで、患者は寝ているだけでそのトンネル内に身体が運ばれて検査が可能となっています。医療器具では例えばCTやレントゲン写真のように被ばくを心配する方もいらっしゃいますね。実際に人体に影響のない程度とはいえX線による放射線を浴びてしまいますが、MRIは磁力を使った検索機械のためそういった心配はありません。

人間の身体はほとんどが水分でできています。水は元素記号でH2Oとなり、水素原子2つと酸素原子1つで構成されていますが、MRIではこの水素原子の量などによって身体の断面図を満つことが出来るようになっています。磁力の強さを変えることで判断できるデータ内容も変わってくるため、精密な検査が必要な脳検査にはMRIが使われるケースが多いようですね。

金属探知機を設置する病院も

このMRIは強力な磁力を用いて検査をするため、MRI本体は磁力の影響を受けない物質で作られています。また、MRI経験者であればご存じだと思いますが、この検査室には絶対に金属の持ち込みは禁止となっています。あまりにも強力な磁力で金属が吸い寄せられてしまうためですね。ですので、MRIの部屋の中で使われる他の医療器具も磁石に反応しないものとなっています。

ただ、例えば女性の髪に使うヘアピンや腕時計、貴金属など外すのを忘れてしまい持ち込んで事故が起こるケースなども考えられることから、MRI検査室の入室前に金属探知機を設置してちゃんと金属を持っていないことを確認してから入出させる病院もあるそうです。

チャイルドシート新生児 激安通販
ExecutionTime: 79 msec / Memory: 7.6 MB